歯科と歯周菌の増殖を抑えるケア

by author



口内の感染症の一つである歯周病は、歯科医院での治療で治していくことができます。

ただし歯周病は自覚が乏しいために、歯科医院の定期検診を受けて発見することもできます。


歯周病は悪化すると歯を失い病気ですから、歯科医院での治療を始めることです。

教えて!goo関連情報サイトです。

感染症の歯周病は、口内に歯周病菌が住み着いている状態です。

根本的な治療方法は、既に感染した細菌の増殖を抑えていくことです。
歯周病で歯茎が腫れているならば、医薬品で鎮静化させることが必要です。


歯の表面上のみをクリーニングしただけでは、本当に解決をすることにはならないのです。


表面のみのケアだと、再発をしますし、その後の治療も長くなります。

すでに進行した歯周病であれば、歯肉縁上歯石を取り去っても、となっている歯肉縁下歯石まで取り去らないと、進行を止めることはできません。

代官山の歯科の情報を求める人におすすめです。

史跡には種類があり、歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石とにわかれます。
歯肉の上に見えているのが歯肉縁上歯石です。



歯と歯肉の境目から下に存在するのが、歯肉縁下歯石です。


見えないのは、歯茎の中に隠れているためです。
歯肉縁下歯石は自覚がないだけに、放置をしがちです。でもそのままにしたら、死守病の進行は進むばかりです。

保険治療で治すときには、進行の度合いにもよりますが、2回くらいで歯肉縁上歯石を除去します。


精密検査をしてkら、歯周病の進行があれば肉縁下歯石の除去をします。

保険診療では一般的に、6箇所に口内を分けて除去していきます。