歯科と虫歯の症状と進行

by author



歯科医院での虫歯治療では、歯科医が何やら虫歯の状態を記号で話したりすることがあります。

歯科衛生士との会話でも出てく、記号のような言葉が、虫歯の段階のことを行っているのです。


虫歯の進行状態は、一般的にCOからC4といった5段階に分類されているので、状態はその記号のような過方になります。虫歯がなぜ発生するのか、メカニズムをしることで、虫歯予防にも役立ちます。

虫歯の大元である原因菌は、食品類に配合の糖質を主な栄養源としています。


これを元として、粘着性のある歯垢をつくりだします。


こうして酸を口内へと放出することになります。


歯の表面のエナメル質を、放出した酸によって溶かします。

歯を柔らかくすることでもありますが、これが虫歯です。



段階的に初期の状態は唾液によって再石灰化がされますから、健康な元の歯の状態になります。砂糖たっぷりのおやつを毎日食べたり、歯を磨かないなどの日々が続けば、歯垢は酸を放出しやすくなります。この環境が加速すると、再石灰化という天然の修繕がもはや追いつかなくなります。
歯の表面は溶けてしまい穴があきます。歯の内部へは虫歯菌が侵入することになります。初期段階の虫歯がCOの状態です。

六本木の歯科情報に精通したサイトです。

ほんの少しエナメル質がとけはじめでいて、白い濁った状態ですが、歯科医院で削らなくても、再石灰化を促進させることでの経過観察となります。

エナメル質にどんどん進むと、小さな黒い穴が出てきて、これがC1の中期であり、この状態での再石灰化は厳しいです。

Girls Channelに関しての情報を紹介しているサイトです。